早めに治療を始めたい

悩む女性

結婚に関する不安や悩みなどが要因です

マリッジブルーは結婚を決めた男女が、新生活に対する不安やプレッシャーを感じていたり、結婚を決めたことを後悔している時に見られます。マリッジブルー症状は、挙式や披露宴が近づいてくると、憂鬱な気分になったり、涙もろくなる、精神的にイライラいしやすいなどがあります。マリッジブルー症状は、男性にも見られますが、環境が大きく変わる女性のほうがやや多い傾向があります。両親に依存をしていた場合は、親と離れることに不安を感じていたり、育児や家事がうまくこなせるかなどの心配があります。マリッジブルー症状が長く続いている場合は、心療内科や精神科のクリニックや病院を受診するのがお勧めです。心療内科や精神科のクリニックは、結婚前の男女が悩みを相談しやすい環境が整っています。憂鬱な気分が長く続いていたり、新生活を始めるための準備があるのに、やる気が出ないこともあります。辛い症状が長く続く時は、比較的副作用の少ない抗うつ剤や睡眠導入剤を処方してくれます。挙式や披露宴の前は、打ち合わせや両家との顔合わせ、新居への引越しの準備などで忙しいですが、十分な休息や睡眠を取ることも大事です。早い段階から治療を受けることで、辛い症状が改善することも多いです。

マリッジブルー症状は、パートナーに嫌悪感や不信感を持っている時に見られることもあります。二人で話をする機会を増やしたり、身近な友人や両親などに不安や悩みを聞いてもらうことで、気持ちが楽になることもあります。マリッジブルー症状が悪化すると、うつ病を発症することもあります。マリッジブルー症状を軽視せずに、早めに精神科や心療内科の病院やクリニックで、うつチェックを受けることも大事です。新生活を始める前に不安を感じている時は、結婚前に同棲を経験するのもお勧めです。辛い症状が長く続いており、家事や仕事に支障が出ている場合は、挙式や披露宴を一時的に延期をして、治療に専念をすることも大事です。男性の場合は、結婚を経験すると自由がきかなくなったり、配偶者やお子様の扶養義務を感じているため、精神的なプレッシャーを感じている人も多いです。十分な休息を取り、適度に趣味や娯楽を楽しむことも大事です。マリッジブルー症状は個人差があるため、一時的なもので回復する人もあります。身近に頼れる友人や知人がいない場合は、無料の電話相談を利用するのもお勧めです。プライバシーは厳守してくれるので、結婚前に感じている不安や悩みを相談出来ます。対面ではないので、話を聞いてもらうことで気持ちが楽になることもあります。