男女共に罹る病気です

セラピー

結婚が現実になると、見られる症状です

交際をしているカップルは、プロポーズを受けたり、結婚指輪の購入や結納などの儀式で、結婚が現実化してきます。結婚が現実味を帯びてくると、新生活に関する不安や葛藤などが見られるようになります。マリッジブルーは、男女共に見られますが、結婚後に大きく環境が変化する女性のほうがやや多い傾向があります。憂鬱な気分が長く続いており、結婚の準備が億劫になったり、パートナーに冷たい態度を取ることもあります。精神的に不安定になり、イライラして八つ当たりをしたり、愚痴っぽくなることもあります。マリッジブルー症状が見られる時は、パートナーや家族とよく話し合うようにしたり、うつ状態が続いている時は、精神科や心療内科を受診することも大事です。マリッジブルー症状は、一時的なことで改善することも多いですが、放置をしておくと、うつ病に罹ってしまったり、婚約破棄などの原因になります。精神科や心療内科のクリニックでは、新生活に関する不安やパートナーへの不信感などの、悩みを親身になって聞いてくれます。うつ病のような症状が出ている場合は、副作用の少ない抗うつ剤を処方してもらうことで、改善することもあります。十分な休息や睡眠を取り、適度に気分転換をすることも大事です。

マリッジブルー症状は、家族を持つことで責任が重くなったり、新生活に関する不安、両親などの身内と離れることへの不安などが要因になります。マリッジブルー症状は、軽視をせずにきちんと治療を行うことが大事です。マリッジブルー症状は、プロポーズを受けた後や、入籍をする前、両家の家族や親戚と会った時などに、見られることが多いです。パートナーが涙もろくなったり、イライラや不安などが原因で、情緒が不安定になったり、会話をしてもそっけないと感じることがあります。パートナーに変化が見られる時は、精神科や心療内科に付き添ってあげることも大事です。うつの症状が重い時は、結婚式や披露宴を延期をして、治療に専念させることが大事です。現代は核家族が進んでいたり、男女共に晩婚化が進んでいるので、以前に比べると結婚に対する考え方なども違っています。うつ病は結婚や出産などの、おめでたいことが要因でも罹る人が増加しています。症状が軽い時は、通院による治療を受けることで、マリッジブルー症状が改善することが多いです。マリッジブルーは、結婚を意識している男女には、誰でも罹る可能性があります。精神科や心療内科のクリニックでは、保険適用の治療が受けられるので、安心して通院が出来ます。